これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

解決までの流れ

交通事故に遭われた直後の方から、治療中の方、
保険会社から示談提示のあった方まで
解決までの流れで必要な情報をご説明しています

交通事故に遭ってから問題解決までの流れは以下のようになります。

  1. 事故発生
  2. 入院・治療
  3. 症状固定
  4. 後遺障害等級認定
  5. 示談・裁判
  6. 解決
事故発生

事故発生後、できるだけ早い段階でご相談いただくことが理想的です。事故発生直後の警察による取り調べは、加害者側から進められることが一般的です。そのため、警察は加害者側の証言に合わせようと、誘導的な質問をすることがあり、被害者側が不利な状況に立たされることが多くなります。事故直後から弁護士を付けておくと、取り調べの段階で不利な状況に陥ってしまうリスクを減らすことができます。

入院・治療

大きな怪我を負った場合、まずは治療に専念してください。治療を受ける際は、必ず健康保険を使用するようにしましょう。自由診療は病院が得をするだけです。治療で仕事を休み、収入に影響が出た場合は、休業損害を請求しましょう。また、通院に利用したタクシーの領収書なども、きちんと集めておきましょう。

症状固定

症状固定とは「これ以上の治療を続けても、症状の改善が見込めない」という状態になった場合を意味します。これは、交通事故による損害賠償に大きな影響を及ぼします。怪我の治療を開始してから、症状固定に至るまでの間は、加害者側の保険会社から怪我の治療費や休業損害を支払ってもらうことができます。しかし、症状固定に至ると、治療費や休業損害の支払いは停止されることになります。治療費や休業損害の支払いは停止されることになりますが、症状固定時点での支障については「後遺障害」となり、今後は「後遺障害慰謝料」や「逸失利益」として賠償請求することになります。

後遺障害等級認定

被害に見合った等級の認定を受けることが、解決への第一歩です。等級が1つ違うだけで、金額に大きな差が出ます。後遺障害診断書を作成し、自賠責保険へ被害者請求を行うと、等級に応じた自賠責保険金が支払われます。したがって、後遺障害等級に少しでも疑問や不服がある場合には、交通事故問題を得意とする弁護士にご相談することで、場合によっては、後遺障害等級認定のやり直しを求める異議申立ても可能です。疑問や不服がない方も、念のため弁護士のチェックを受けておくほうが安心です。

示談・裁判

交通事故(人身事故)を弁護士に依頼しても、多くの場合保険会社との示談で解決することができます。ただ、中には示談で解決できず、紛争処理センターや訴訟で解決する事案もあります。ただし、ここで注意しておきたいのは、被害者側の過失割合が大きく、損害額が自賠責保険金でおさまってしまうなどの場合や、逸失利益算定のとなる基礎収入などの立証に不安がある場合などは示談などで解決した方が良い場合が多く、弁護士とよく相談する必要があります。

交通事故解決に必要なあらゆる情報をご提供しています

解決までの流れ

事故発生から治療、示談や裁判まで解決までの流れをご説明しています

詳しく見る

解決実績

当事務所が受任した交通事故問題の解決事例をご紹介しています

詳しく見る

状況別サポート診断

当てはまる状況に応じて被害者の方に必要なことをご提示しています

詳しく見る

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!