「交通事故解決.com」は交通事故解決に関する様々な情報をご紹介しています

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

状況別サポート診断

交通事故被害にあった直後だ
加害者側の保険会社との交渉はまだ始まっていない段階

今のあなたに必要なのは・・・

"治療に専念すること"です。

事故直後から解決までの手続きの流れを知りたいという方は、当事務所へお問合わせを。
0120-7867-30 相談無料

「みお法律事務所」が考える、事故被害に遭われた直後の対応。

最優先にすることは
ご自身やご家族の身体と心のケアを。

まずは治療に専念してください。治療は「自由診療」ではなく、健康保険や労災を使用する「保険診療」が鉄則です。通院にタクシーを利用したら領収書を受け取っておきます。

慌てて示談に応じないこと
慰謝料や賠償金の算出は、「症状固定」しないとできません。

必要な治療や正当な補償が受けられなくなる可能性があります。示談は、一旦成立すると覆せませんから、保険会社から色々言って来ても断りましょう。示談が成立していなくても、治療開始から「症状固定」までの治療費や休業損害は、保険会社が立て替えて支払います。

「症状固定」の話が出ても
保険会社に同意書を渡したり、示談書にハンコを押さないこと!

症状固定=治療の打ち切り、が一般的です。その時期は、医師が決めることで、保険会社が口出しすることではありません。治療経過の照会を許可する「同意書」を渡すと、一方的に「症状固定」と判断され、治療費を打ち切られる可能性がありますので、同意書を出すか否かは慎重に判断する必要があります。

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能傷害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

交通事故被害に遭われた直後~症状固定前の時期の お問い合わせ例

病院で、交通事故は自由診療で支払うように言われましたが・・・
A相手側が100%悪いと思っていても、示談や裁判の結果がどうなるかわかりません。病院側からすすめられても、健康保険や労災を利用しましよう。病院側の健康保険の使用拒否は、法的に認められません。
会社の目安が6ヶ月だから症状固定するようにと、保険会社側に言われましたが、期限があるのですか?
A症状固定の期限は決まっていません。ただ、医師と相談する時期の目安としては6ヶ月程度が適当です。重症の場合は1年以上経過してから相談するほうがいいでしょう。
会社構内での事故だったので、事故証明書が発行されず、自賠責保険等を請求できないのですが。
A自賠責に、「人身事故証明書入手不能理由書」を提出すれば、自賠責上人身事故として扱われる場合があります。物損扱いではなく、人身事故扱いにするようにしましょう。

症状や被害についての詳しい内容は、こちらをご覧ください

むち打ち症

「むちうちだから、賠償金はこの程度だろう…」と、あきらめていませんか?「むちうち症」と診断されても、12級または14級の後遺障害等級が認定される可能性があります。

詳しく見る

弁護士による高次脳機能障害相談ナビ

交通事故による後遺障害等級認定・損害賠償請求「弁護士による高次脳機能障害相談ナビ」。弁護士へのご相談なら、みお綜合法律事務所へ。

詳しく見る

弁護士による遷延性意識障害相談ナビ

交通事故による後遺障害等級認定・損害賠償請求「弁護士による遷延性意識障害相談ナビ」。弁護士へのご相談なら、みお綜合法律事務所へ。

詳しく見る

弁護士による脊髄損傷相談ナビ

交通事故による後遺障害等級認定・損害賠償請求「弁護士による脊髄損傷相談ナビ」。弁護士へのご相談なら、みお綜合法律事務所へ。

詳しく見る

知ってください。みおのこと。

大阪・京都事務所が駅前のこと。 弁護士事故チームのこと。
そして、被害者に一番近い存在であること。